仕事図鑑 仕事図鑑
他のお仕事はこちら
SSMには”A&R”になるための
環境があります! SSMを見に来ませんか? オープンキャンパスへ

芸能スタッフの仕事

A&R

Artists and Repertoire

A&Rとは?

主にレコード会社に所属し、所属アーティストに対して育成・楽曲提供・宣伝戦略(ブランディング)を行うことが仕事で、Artists and Repertoire(アーティスト・アンド・レパートリー)の略です。アーティストと打ち合わせをし、どのようなコンセプトで楽曲制作をしていくか、また、アーティストのコンセプト(ブランド)をどのように設定し、作っていくか、レーベルや会社の色を出しながらアーティストを長く活躍させていくことができるのかという、売り出していくための重要な戦略を決定する仕事です。
また、新人発掘担当と一緒にアーティストの発掘に関わることもあります。

仕事の概要、仕事の流れ

仕事の概要

Artists and Repertoire(以下、A&R)は、音楽業界における職種の一つで、アーティストの発掘、育成、マネジメントを行う仕事です。具体的には、次のような業務を担当します。

  • 新人アーティストの発掘
  • アーティストの楽曲やアルバムの制作、リリースの企画・進行
  • アーティストのライブやイベントの企画・運営
  • アーティストのPRやプロモーション
  • アーティストの契約交渉

音楽業界にA&Rが必要な理由は、毎年多くのアーティストが生まれてくる中で、アーティストが長く活躍していくことができるようコンセプトをしっかり企画し、狙ったターゲット(年齢層など)へ音楽をしっかり届けいく必要があるからです。また、プロデューサーとは違った視点(アーティスト目線ではなく、会社目線)で有益な方向性となるように、契約アーティストの舵取りをしていく必要があります。そのために、マーケティングやデータの活用などビジネス的な視点が非常に重要になります。

仕事の流れ

A&Rの仕事の流れは、大きく分けて3つのフェーズに分けられます。

❶新人アーティストの発掘
まず、A&Rは、新人アーティストを発掘するために、ライブハウスやオーディション、音楽コンテストなどに参加します。また、音楽業界のネットワークを活用して、有望なアーティストを探すこともします。
❷アーティストの育成
音楽イベントやコンサートを全国で行う際に、新人アーティストを発掘したら、A&Rは、そのアーティストの才能を最大限に引き出すために、育成を行います。具体的には、楽曲やアルバムの制作、ライブやイベントの企画・運営、PRやプロモーションなどを行い、アーティストの知名度や人気を高めていきます。
❸アーティストのマネジメント
アーティストが一定以上の知名度や人気を獲得したら、A&Rは、アーティストのマネジメントを行います。具体的には、アーティストの契約交渉、スケジュール管理、財務管理などを行い、アーティストの活動を円滑に進めます。

どうやってなるの?

レコード会社にはコンテンツ制作などの企画を行い、実行する音楽制作部、プロモーションしていく宣伝部、CDを置いてもらえるように販売店に交渉する営業部があります。
このような仕事を経験し、キャリアアップしていくとA&Rへの道が見えてきます。
なので、専門学校などで音楽ビジネスをしっかり学び、まずはレコード会社に就職する必要があります。このビジネス的な視点で捉えるということが重要で、そのために、SNSなどの知識やAIを活用したデータマーケティングなど、最先端テクノロジーについての知識とそれを活用していくプランニング力が、近年ではとても重要になってきています。
札幌ミュージック&ダンス・放送専門学校では、音楽のスキル・知識はもちろん、マネジメント力や外国語、最新テクノロジーの活用なども学ぶことができます。

収入の目安

A&Rの収入は、企業に所属する正社員の場合と、フリーランスの場合で大きく異なります。

  • 企業に所属する正社員の場合

    企業に所属する正社員のA&Rは、一般的な会社員と同様に、基本給や賞与、各種手当などで収入を得ます。基本給は、経験やスキル、役職によって異なりますが、月収20万円~40万円程度が一般的です。

  • フリーランスの場合

    フリーランスのA&Rは、アーティストの発掘・育成・楽曲提供・宣伝戦略(ブランディング)などの業務を請け負い、報酬を得ます。報酬は、仕事の規模や内容、予算、期間などによって異なりますが、1件あたり10万円~100万円程度が一般的です。また、アーティストの成功によって、追加の報酬を得られることもあります。

就職・マネタイズへの道のり

❶音楽の知識やスキルを身につける
A&Rになるためには、音楽の知識やスキルが欠かせません。そのため、音楽関連の専門学校や大学で学ぶことがおすすめです。また、独学で音楽を学ぶことも可能です。
❷アーティストの発掘・育成のノウハウを身につける
A&Rとして活躍するためには、アーティストの発掘・育成のノウハウが必要です。そのため、音楽業界での実務経験を積むことがおすすめです。アルバイトやインターンなどで、音楽業界の現場で経験を積みましょう。
❸コミュニケーション能力や交渉力、プレゼンテーション能力を身につける
A&Rは、アーティストやレコード会社、メディア関係者など、さまざまな人と関わる仕事です。そのため、コミュニケーション能力や交渉力、プレゼンテーション能力が求められます。
❹音楽業界のトレンドや最新情報を常に把握する
A&Rは、常に新しいことに挑戦し続ける向上心も大切です。音楽業界のトレンドや最新情報を常に把握し、新しいアーティストを発掘・育成するために、常に新しいアイデアを生み出していくことが求められます。
❺企業に就職する
A&Rとして就職するためには、音楽関連の専門学校や大学を卒業していることが有利です。また、アルバイトやインターンなどで、音楽業界の現場で経験を積んでいると、採用の際に評価されます。
❻フリーランスとして活動する
フリーランスとしてA&Rとして活動するには、実績やスキルが求められます。企業で経験を積んだ後、独立する道もあります。

A&Rとしてマネタイズする方法は、以下のとおりです。

  • レコード会社に所属して、給与や賞与などの形で収入を得る
  • フリーランスとして、アーティストの発掘・育成・楽曲提供・宣伝戦略(ブランディング)などの業務を請け負い、報酬を得る

レコード会社に所属してA&Rとして働く場合は、給与や賞与などの形で収入を得ることができます。フリーランスとして働く場合は、業務の規模や内容、予算、期間などによって報酬が異なります。

おすすめの資格

A&Rとして活躍するためには、音楽の知識やスキル、アーティストの発掘・育成のノウハウ、コミュニケーション能力や交渉力、プレゼンテーション能力、音楽業界のトレンドや最新情報を常に把握する向上心など、さまざまなスキルや資質が求められます。
また、音楽業界は、グローバル化が進んでいます。そのため、英語に関する資格を取得しておくと、有利になるでしょう。海外のアーティストの発掘や海外進出のサポートなど、幅広い業務に携わる際に役立ちます。
それらのスキル・知識を身につけるためには、音楽系の大学や専門学校に通うほか、下記の資格の取得がおすすめです。

ビジネスに関する資格
  • ビジネス会計検定
  • 簿記検定
  • マーケティング検定
  • コミュニケーション能力検定
  • プレゼンテーション技能検定
  • 英語に関する資格
  • TOEIC
  • TOEFL
  • IELTS
  • なお、A&Rになるために、資格は必須ではありません。しかし、資格を取得することで、自分のスキルや知識を証明することができ、就職や転職に有利になるでしょう。

    向いてる人向いてない人

    向いてる人

    • 音楽が好きで、音楽業界で働きたい人
    • アーティストの才能を見抜く力がある人
    • アーティストと信頼関係を築くことができる人
    • ビジネス的な判断力がある人
    • 音楽業界のトレンドや最新情報を常に把握し、新しいことに挑戦できる人

    A&Rは、アーティストの成功を支える重要な仕事です。そのため、音楽への情熱と、アーティストを成功に導くという強い意志が大切です。また、コミュニケーション能力や交渉力、プレゼンテーション能力など、さまざまなスキルや資質も求められます。
    A&Rを目指す人は、自分の適性やスキルをしっかりと把握し、自分に合ったキャリアプランを立てることが大切です。

    A&R
    を目指せる専攻

    4年制スーパーeエンターテイメント科

    芸能マネジメント&テクノロジー専攻

    テクノロジーの融合が進む音楽・エンターテイメント業界で新たなヒットづくりのためのブランディングやデジタルマーケティングを取り入れ、新たな音楽コンテンツやアーティスト、タレントをプロデュースできるマネジメント力をもった人材を育成します。

    詳細を見る

    3年制音楽ビジネス科

    マネージャー専攻

    アーティストやタレントなどの育成、プロモーションに必要な音楽ビジネスやマネジメント力を持ったマネージャーを育成します。SNSプロモーション戦略からすぐにアップするための映像編集など、自分だけの武器を持った即戦力マネージャーを育成します。

    詳細を見る

    4年制スーパーeエンターテイメント科

    K-POPアーティスト&マネジメント専攻

    K-POPアーティストとして必須のダンスや歌、ラップなどのスキルのほか、グローバルオーディションでデビューを勝ち取るために、英語、韓国語能力、セルフマネジメント力を身に付けることで、トップレベルの実力を持ったアーティストを育成します。

    詳細を見る

    3年制音楽ビジネス科

    作曲&アレンジャー専攻

    J-POPからEDM、HIP HOP、ROCK、アニソン、ボカロをはじめとする全てのジャンルで、作曲法、編曲法を中心に、音楽制作全般を学びます。自分のオリジナリティを武器に自分らしい音楽・楽曲制作ができる作曲家・プロデューサーを目指します。

    詳細を見る

    OPEN CAMPUS

    なりたい職業を体験