音楽・ダンス・テレビ・放送・俳優・声優・タレント業界で『好き』を『仕事』にする学校

仕事図鑑 仕事図鑑
他のお仕事はこちら

ライブ・コンサート・
舞台・イベント
の仕事

照明スタッフ
(ライティングエンジニア)

Lighting engineer

照明スタッフ(ライティングエンジニア)とは?

ライブやコンサート、舞台、テレビ、映画、ファッションショーなどあらゆるイベントが行われる場所で光(照明)を用いて演出する仕事です。ディレクターや舞台監督と打ち合わせをしながら、アーティストなどの音源を元に光の演出をプランニングします。近年の照明はテクノロジーが進み映像と音楽を組み合わせた演出やプロジェクションマッピングなど新しい形が次々と生まれてきており、最新の演出に対応できるプランニング力や創造力が必要になってきています。

仕事内容

ライブやコンサート、イベントなどのショーにおいて、光を使って視覚的に演出し、出演者の魅力を最大限引き出していく光の魔術師のような仕事です。照明の機材を用いてのオペレーション(操作)はもちろんのこと、シーンにあった照明プランを考えてそれを実際のライブやコンサート、舞台などで実際にオペレーションしていくこともありますし、大規模なイベントになるとプランナーとオペレーター(エンジニア)に分かれて仕事をすることもあります。将来的には演出家としてキャリアアップを目指すこともできます。

どうやってなるの?

機材操作はもちろんのこと、光や電気に関する知識、現場でスムーズに仕事ができるスタッフワークが必要になります。またあらゆるシーンに対応したプランニング能力が必要となることから、一般的に専門学校に進学し、卒業後に照明会社や劇団などに就職していきます。また、テクノロジー化が進むコンサート・舞台業界でプロジェクションマッピングや最新機材を駆使した新たな演出など、ただ照明を照らすだけではなく「演出する」ための「創造力」を磨くことが大切です。

必要な資格・試験情報

照明に関する資格はありますが、就職するにおいて必要な資格はありません。 イベントによっては高所での作業がありますので、実際の現場(働く場所)で活躍するためには足場組み立ての講習や高所作業に必要な講習などを在校中に受けておくと、様々な現場で活躍することができます。
また、ホールやライブハウスで常駐する場合を除いて、日々現場が変わってきますので、運転免許を取得しておくと良いです。

照明スタッフ
を目指せる専攻

2年制音楽テクノロジー科

照明スタッフ専攻

レーザー照明からマッピングなどテクノロジーを取り入れた照明演出ができるライティングエンジニアを目指します。アーティストのライブや舞台演出での光の演出プランニングからオペレーションまでを実践を通して学びます。

詳細を見る

おすすめイベント

イベントをもっと見る