音楽・ダンス・テレビ・放送・俳優・声優・タレント業界で『好き』を『仕事』にする学校

仕事図鑑 仕事図鑑
他のお仕事はこちら

音楽クリエーターの仕事

MAエンジニア

MA engineer

MAエンジニアとは?

MAエンジニアは、主にテレビ番組や映画、アニメなどの映像の音を調節する職業です。映像制作の過程においては裏方の職業ですが、魅力的な映像作品を作るためには欠かせないポジションです。また、アーティストのミュージックビデオやCMの音声調節をすることもあります。
収録したままの映像は、雑音が入っていたり声のボリュームが小さかったりして、音声が聞き取りにくいことがあります。
その聞き取りにくい映像の音声のバランスを調整し、視聴している人が聞きやすい状態に仕上げていくのです。また、映像の音声だけでなく、効果音や音楽の調整を行うのもMAエンジニアの仕事です。 映像に効果音を入れるタイミングや音量はMAエンジニアの感性にかかっているため、責任とともにやりがいも感じることができます。映像に関わる業界であればポストはあるため、就職先の選択肢は多いといえます。

どうやってなるの?

MAエンジニアになるためには MAエンジニアの主な就職先は、映像の編集を専門的に行うMAスタジオやポスプロ会社、テレビ局、レコード会社などが一般的です。
MAエンジニアになるためには、音を調節する整音作業の技術を学ばなければなりません。そのため、高校を卒業後に専門学校に入学して専門的な知識を学ぶのが一般的です。
整音作業ではたくさんの専門機器を扱うため、学生時代に慣れておくことで就職に有利なのはもちろん、就職後もすぐに技術を活かすことができます。

MAエンジニア
を目指せる専攻

3年制音楽ビジネス科

レコーディングエンジニア専攻

音響のスペシャリストとして、アーティストの楽曲レコーディング、アニメ作品の収録、映像作品のMA、ライブ配信、収録など様々なスタイルの音響技術やエンジニアリングを学ぶことで、クオリティ高い「音」を創り上げることができるエンジニアを目指します。

詳細を見る

おすすめイベント

イベントをもっと見る