テレビ舞台美術コース

テレビ番組・映画・舞台の制作現場で求められる総合的な美術製作力を育成します

テレビ番組・映画・舞台の制作現場で求められる総合的な美術演出力を育成します。まずは、基礎デザインや造形、台本から形を作るイメージ力、各種道具の使い方、舞台装置の加工技術力などの基礎をトレーニング。その後は、進級・卒業公演をはじめとするビッグイベントや、企業から本校に寄せられる舞台・イベント設営などの制作現場を数多く経験。実際にオンエア・公開される作品の造作・建て込みなどの現場を経験することで、プロとしての心構えやスピーディに対応できる力を養います。

テレビ舞台美術コース

めざす業界

舞台美術制作会社/大道具制作会社/小道具制作会社/特殊効果制作会社/セットデザイン会社/劇団/電飾会社

目指せる仕事

  • 大道具
  • 小道具
  • セットデザイナー
  • 造形
  • 舞台監督
  • 特効
  • 美術進行
  • タイトル制作

求める人物像

テレビが好き。番組・映像制作、バラエティ・音楽番組やライブイベントにも興味があるあなたにオススメ。放送業界や美術業界、映画・ドラマ業界で実際に使用されているプロの機材を使って基礎から学び、実習では、在学中から制作現場を数多く経験していきます。業界で求められる人材は、情報に敏感で発想力に富み、フットワークに優れる人。映像で人の心に残る作品を発信していきましょう!

Close up!!

美術スタッフとして映画製作などのプロの現場に多数参加!

映画『許されざる者』『クローズEXPLODE』『円卓』『るろうに剣心』、また『HAKODATE黒船』などの夏フェスやイベント現場など美術スタッフとしてプロの現場に学生が参加しています。参加した現場で高く評価され就職に繋がっています。

【PICK UP】授業紹介

テレビ番組制作

テレビ番組制作

テレビ番組制作の基本的な動作・意識を理解し、個々に考えながらもチームとしてフロア業務を修得。

映画・ドラマ制作

映画・ドラマ制作

映画、ドラマ制作のノウハウを全て学び、実際に映像制作して、演出、技術などを徹底的に学びます。

ENGカメラ

ENGカメラ

撮影の基本となるENGカメラの撮影方法を学び映像を撮るための演出方法を学びます。

ショートムービー制作

ショートムービー制作

映像作品制作を通じて、チームワークを養い企画・制作・技術力を伸ばします。

大道具製作

大道具製作

尺貫法をはじめ、大道具に必要な技術と知識を習得し、パネル製作をおこないます。

造形

造形

あらゆる造形素材の使い方と特徴を把握し、作品製作を通じて、技術と知識を学んでいきます。

スタジオ照明

スタジオ照明

照明という職種を理解し、照明機材(ミキサー・各種灯体など)の基本操作を修得します。

スタジオ音声

スタジオ音声

テレビ音声技術の応用と技術を修得します。

ミュージックビデオ制作

ミュージックビデオ制作

作品制作を通じて、チームワークを養い企画・制作・技術力を伸ばす。

テレビ技術スタッフコースのカリキュラム

基礎を学ぶ

  • 番組企画
  • デザインベーシック
  • コミュニケーションスキル
  • 放送概論
  • 英会話
  • CAD
  • ビジネスコンピューター

専門技術を学ぶ

  • 宣伝美術
  • 舞台監督
  • 大道具製作
  • 舞台美術
  • 造形
  • デッサン
  • デザイン応用

応用力を学ぶ

メッセージ

荒井 光明先生

好きこそものの上手なれ!!TVを志す人は、TVを、映画を志す人なら映画を好きでいてください「好き」は何にも負けない向上心を生みます。それはやがて血となり肉となって、将来の映像制作に役に立ちますから!

荒井 光明 先生

[担当授業]映画ドラマ制作
[制作番組]『ふぞろいの林檎たち』(AD・AP)、『渡る世間は鬼ばかり』(演出)、『なるようになるさ。』シリーズ(プロデューサー&演出)他、TBSを中心に作品多数。

稲澤 英俊先生

人の心を動かすためにも、日常で起こる色んな瞬間や出来事に興味を持つ事が大事。この学校にはプロの目から見ても驚くほどの多種多様で最新の機材・設備が揃っています。これらの環境を活かしながら、せひ一緒に番組作りを楽しんでください。

稲澤 英俊 先生

[担当授業]ENG実習
[制作番組]HBC 情報番組『今日ドキッ!』など

駒澤 正人先生

番組を作る上で一番大切な事、それは「常識」。視聴者の共感がなければ成り立ちません。テレビや映像が好き、自分で何かを発信したい…。その思いがあればディレクターになれる可能性は誰にもあります!

駒澤 正人 先生

[担当授業]ディレクター基礎、カメラワーク基礎
[制作番組]UHB『タカトシ牧場』『笑道(わらいどう)』『FNS27時間テレビ』(北海道ブロック担当ディレクター) など

吉田 ひでお先生

失敗こそ勉強。つまり経験が大切です。学生時代には、デジタル全盛の今だからこそ、人の手によって造られた「モノ」の魅力をじっくり感じられるような、本質的な勉強をしてください。

吉田 ひでお 先生

[担当授業]造形
[制作番組]『水曜どうでしょう・ハナタレナックス』『ルスツリゾート/ ドラキュラハウス・死霊の館』『旭山動物園号/ハグハグチェア』「メロン熊/着ぐるみ』

在校生VOICE

関谷さん

テレビを支える縁の下の力持ちとして磨いた現場力をフルに活用するつもり

放送芸術科 テレビ舞台美術コース 卒業
鳴海 さん(旭川市出身)
■この業界や仕事に興味を持ったきっかけは?
派手な場は苦手ですが、物作りが好きでテレビに関わる仕事に憧れがありました。授業は座学だけでなく外へ出て体と手を動かす実習が多く、現場を学ぶチャンスもいっぱい。学校制作の舞台なども自分の力を試す良い機会になりました。
■好きな授業、苦手な授業は?
造形の授業は自分の好きなものを作ることができて楽しい♪完成した作品が褒められると、達成感を感じます。常に動いていたいタイプなので、座学はちょっと苦手かな…(笑)。
■将来の夢は?
プロ意識を持ちつつ、仕事だけじゃなく周りに気遣いもできる“コミュニケーション力の高いプロ”を目指してます!

体験入学に参加しよう
資料請求しよう