トップページ > コース紹介 > SBA「札幌放送芸術専門学校」 コース紹介 > テレビ舞台美術コース

テレビ舞台美術コース

テレビ舞台美術コース

セットデザインから大道具制作まで、
プロの現場を経験して即戦力を養成!

テレビ番組・映画・舞台の制作現場で求められる総合的な美術演出力を育成します。まずは、基礎デザインや造形、台本から形を作るイメージ力、各種道具の使い方、舞台装置の加工技術力などの基礎をトレーニング。その後は、進級・卒業公演をはじめとするビッグイベントや、企業から本校に寄せられる舞台・イベント設営などの制作現場を数多く経験。実際にオンエア・公開される作品の造作・建て込みなどの現場を経験することで、プロとしての心構えやスピーディに対応できる力を養います。

最終目標
就 職
めざす業界
舞台美術制作会社/大道具制作会社/小道具制作会社/特殊効果制作会社/セットデザイン会社/劇団/電飾会社
めざす業種
  • 大道具
  • 小道具
  • セットデザイナー
  • 造形
  • 舞台監督
  • 特効
  • 美術進行
  • 電飾
  • タイトル制作

Close up!

美術スタッフとして映画製作などのプロの現場に多数参加!

映画『許されざる者』『クローズEXPLODE』『円卓』『るろうに剣心』、また『HAKODATE黒船』などの夏フェスやイベント現場など美術スタッフとしてプロの現場に学生が参加しています。参加した現場で高く評価され就職に繋がっています。

私たちが教えます!

デジタル全盛の今こそ、人の手で造られた「モノ」を

吉田ひでお先生
造形作家 アーリオ工房 吉田ひでお 先生
[担当授業] 造形
[制作番組] 『水曜どうでしょう・ドラバラ・ハナタレ』『ルスツリゾート/ ドラキュラハウス・死霊の館』『旭山動物園号/ハグハグチェア』「メロン熊/着ぐるみ』

テレビや舞台、博物館などの各種施設の美術を作るということは、「商品」を作ることであり、「芸術作品」を作ることとは一線を画します。芸術作品なら、お金も時間も自分の思うままにかけられますが、商品はそういうわけにはいきません。かけられる予算も決まっていれば、仕事ですから納期もある。その条件の中で、どこまでクライアントの意向に沿ったものをイメージでき、ベストに近づけながら作り上げられるのか?そのセンスを身につけるにはひたすら造ること、失敗こそ勉強、つまり経験が大切です。学生時代には、デジタル全盛の今だからこそ、人の手によって造られた「モノ」の魅力をじっくり感じられるような、本質的な勉強をしてください。

在校生VOICE

鳴海さん

テレビを支える縁の下の力持ちとして
磨いた現場力をフルに活用するつもり

放送芸術科 テレビ舞台美術コース 卒業
鳴海 さん (旭川市出身)
■この業界や仕事に興味を持ったきっかけは?
派手な場は苦手ですが、物作りが好きでテレビに関わる仕事に憧れがありました。授業は座学だけでなく外へ出て体と手を動かす実習が多く、現場を学ぶチャンスもいっぱい。学校制作の舞台なども自分の力を試す良い機会になりました。
■好きな授業、苦手な授業は?
造形の授業は自分の好きなものを作ることができて楽しい♪完成した作品が褒められると、達成感を感じます。常に動いていたいタイプなので、座学はちょっと苦手かな…(笑)。
■将来の夢は?
プロ意識を持ちつつ、仕事だけじゃなく周りに気遣いもできる“コミュニケーション力の高いプロ”を目指してます!

テレビ舞台美術コースのカリキュラム

基礎を学ぶ
  • 番組企画
  • デザインベーシック
  • コミュニケーションスキル
  • 放送概論
  • 英会話
  • CAD
  • ビジネスコンピューター
専門技術を学ぶ
  • 宣伝美術
  • 舞台監督
  • 大道具製作
  • 舞台美術
  • 造形
  • デッサン
  • デザイン応用
応用力を学ぶ
  • 企業プロジェクト

    詳しくはこちら

  • 海外実学研修

    詳しくはこちら

  • 業界研修

    詳しくはこちら

体験入学に参加しよう 資料請求しよう
ページトップへ