トップページ > コース紹介 > SBA「札幌放送芸術専門学校」 コース紹介 > お笑い芸人コース

お笑い芸人コース

お笑い芸人コース

事務所への所属率100%!
プロ芸人と構成作家が、ネタ作りをチェック。

コミカルなステージとは裏腹に、お笑い芸人への道には地道な努力が必要です。その基礎となるのがネタ作り。発想法やネタ帳の作り方・構成などを学びながら、喋りの間や表現方法、アドリブを繰り返し練習します。また、「ネタ見せ」の授業では、TV・舞台で活躍中の漫才師や構成作家などのプロが厳しく直接指導。そして、発表の場となる学内外公演やイベントでは、観客を前にステージに立って舞台度胸と表現力をブラッシュアップ。在学中から実践的な経験を積んで、芸人デビューをめざします。
※ 2014年3月卒業生5人全員が芸能プロダクションに所属しました。

最終目標
デビュー
めざす業界
芸能プロダクション/お笑いタレント事務所/劇団
めざす業種
  • 漫才師
  • バラエティタレント
  • ピン芸人
  • コメディアン
  • 喜劇俳優
  • 構成作家
  • タレント

Close up!

熊谷まさひこさん(CREATIVE OFFICE CUE)によるお笑いプロジェクト!

熊谷さんが自らプロデュースする新ユニット『劇団バカdeジャネイロ』にお笑い芸人コース全員が参加し、シーズン毎に劇場“cube garden”でお笑いイベントを開催しています。熊谷さんの指導のもと、企画・制作・運営など、実際に自分たちで考えながら、いかにお客様に喜んでもらえるのか、プロ目線での「笑い」を追求。大泉洋さんやTEAM NACSに続く、北海道発信の次世代スターをめざしています!

私たちが教えます!

おもしろいものを作ろうとする「熱量」と「丁寧さ」を大切に

岡本雄矢先生
お笑い芸人・放送作家 (株)よしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌
岡本雄矢 先生
[担当授業] イベント、番組企画、ネタ作り
[出演番組・作品] ]UHB『笑道(わらいどう)』出演、『土曜プレゼンアワー』『札幌よしもとライブ』(出演/作家) など

お笑いは繊細なもの、きめ細かな仕込みで成り立つもの。勢いやノリだけでは通用しません。本当におもしろいものを作りたいと思う「熱量」と、一つひとつのセリフや動きを丁寧にこなす「緻密さ」が大切です。私のネタ作りの授業では、見せてもらったネタをもとに、さらにネタを膨らませたり、逆にテンポ良くするためにカットしたりと、学生と一緒になってネタを作っています。お笑いを仕事にするには越えなければいけない壁や積まなければならない経験があります。しかし、特殊な能力が必要なワケではありません。まずは、やる気! そして、元気にあいさつすること、キチンと時間を守ること。多くの先輩にかわいがられ、認めてもらってチャンスをつかむためにも、「人としてのマナー」を身につけていくことも大切です。

在校生VOICE

DAっくす 地主さん/熊木さん

お笑いの世界の厳しさを肌で感じる日々だからこそやりがいがあり、
成長できる

タレント総合科 お笑い芸人コース 卒業
DAっくす
左/地主 さん (札幌市出身) 右/熊木 さん (札幌市出身)
■この業界や仕事に興味を持ったきっかけは?
不安は正直ありました(笑)。でもとにかくモテたかったので、絶対に芸人になるとずっと思っていました(地主)
僕も単純でただテレビに出たかったから(笑)。先輩の背中を追いかけ可愛がってもらった分、自分らも後輩の面倒を見るという精神は受け継がれていると思います(熊木)
■好きな授業、苦手な授業は?
「ネタ見せ」の授業で自分たちがどのくらいスキルアップしているか実感。苦手なのはダンス。覚えられない…(地主)
■将来の夢は?
おじいさんになっても漫才をしていたい(地主)
関西に負けず東・・・いや北からお笑いを盛り上げます(熊木)

お笑い芸人コースのカリキュラム

基礎を学ぶ
  • 滑舌・アクセント
  • 演技・演出
  • 演劇・映像史
  • コミュニケーションスキル
  • IT講座
  • 英会話
専門技術を学ぶ
  • タレント実習
  • 漫才/コント基礎
  • フリートーク
  • 企画/構成
  • ネタ作り
  • ネタみせ
  • ステージパフォーマンス
  • お笑い実習
  • 表現基礎
  • 企画/発想
  • 殺陣/アクション
応用力を学ぶ
  • 企業プロジェクト

    詳しくはこちら

  • 海外実学研修

    詳しくはこちら

  • 業界研修

    詳しくはこちら

体験入学に参加しよう 資料請求しよう
ページトップへ