トップページ > コース紹介 > SBA「札幌放送芸術専門学校」 コース紹介 > 俳優コース

俳優コース

俳優コース

プロの俳優に必要な演技力と、
表現力を実践で鍛える。

まずは、俳優に欠かせない発声や滑舌、アクセントなどの基本を徹底的にマスター。テレビ演技、舞台演技、ミュージカルなど、各ジャンルの稽古を重ねていきます。業界とのつながりが深い本校ならではのチャンスもたくさん。在学中から、公開される映画やオンエアされるドラマ、舞台、学内外のイベントなどにも数多く出演できます。プロの現場でプロから教わり、プロとともにステージに立ち、プロとともに経験を積みながら、実践的な表現力と演技力を磨いていきます。

最終目標
デビュー
めざす業界
芸能プロダクション/タレント事務所/劇団/テーマパーク/モデル事務所
めざす業種
  • 映画俳優
  • ドラマ俳優
  • 舞台俳優
  • ミュージカル俳優
  • アクション俳優
  • タレント全般

Close up!

大手プロダクションのオーディション担当者によるオーディション対策講座

実際にオーディションの審査をされている(株)オスカープロモーション、(株)スターダストプロモーション、(株)トップコート、(株)研音など大手プロダクションの方々を招いての授業。オーディション合格に向けて、プロとしての心構えや技術指導など充実の講義が行われます。また、学生一人ひとりに対して、オーディションを突破するための具体的なあいさつやおじぎの仕方、自己PRの方法など、実践の場でレベルアップするためのアドバイスももらえます。

私たちが教えます!

自分を見つめ、「どうすれば売れる商品になるか?」を考えて

雨夜秀興先生
俳優 雨夜秀興 先生
[担当授業] 演技表現・実践、演技・演出、朗読・ナレーション
[出演番組] STV『どさんこワイド179』『ブギウギ専務』STVラジオ『アタックヤング』 など

俳優を仕事にするうえで大切なのは、自分の存在を「商品」だと自覚することです。自分を客観的に見つめ、「どうすれば売れる商品になるか?」を考え続ければ、すべきことは見えてきます。私の授業では、声や身体を使って感情豊かに表現することを基本とし、「創造すること」に重点を置いています。また、脚本の授業では、「文章力」「発想力」「構成力」を身につけます。自分で一から作品を書くことで、今後出会う作品の作者の「意図」を読み取り、「行間や一言に込められた想い」を考察する力が養われます。俳優は誰もが成功できる道ではありません。しかし、努力すれば必ず開ける道です。自分のやりたいことに誇りを持って、一歩ずつ頑張ってください。

在校生VOICE

定本さん

在学中からプロと一緒に舞台に立てる!
この学校には、そんなチャンスがいっぱい。

タレント総合科 俳優コース 卒業
定本 さん (札幌市出身)
■この業界や仕事に興味を持ったきっかけは?
TVや映画が好き。そこに出てくる登場人物に慰めてもらったり勇気づけられたりするうちに、“役者”という仕事に興味を持ちました。東京で学ぶことも考えましたが、地元札幌で学べると聞いて、この学校に決めました。
■好きな授業、苦手な授業は?
好きなのはやっぱり「演技指導」、苦手なのは「ダンス」です。クラスには上手い友達もいて、くやしくてくやしくて(笑)。負けないようにがむしゃらに練習しています。
■将来の夢は?
卒業後は「オスカープロモーション」に所属して役者をめざします。作品に込められた思いを伝えられる役者になりたいですね。

俳優コースのカリキュラム

基礎を学ぶ
  • 滑舌・アクセント
  • 演技・演出
  • 演劇・映像史
  • コミュニケーションスキル
  • IT講座
  • 英会話
専門技術を学ぶ
  • ドラマ演技
  • ヴォイストレーニング
  • フリートーク
  • 舞台演技
  • 演技基礎
  • ステージパフォーマンス
  • ジャズダンス
  • 殺陣/アクション
  • 表現基礎
  • 表現実践
  • セルフプロデュース
  • CDドラマ実習
  • 朗読/ナレーション
応用力を学ぶ
  • 企業プロジェクト

    詳しくはこちら

  • 海外実学研修

    詳しくはこちら

  • 業界研修

    詳しくはこちら

体験入学に参加しよう 資料請求しよう
ページトップへ